自営自足とは

自営と自足をかけ合わせたものです。 自力で稼ぐ力を持ちつつ、一方で、貨幣にばかり依存しないで生活する流儀を指しています。どのような年代、どのような状況、どのような場所にいても、追い求めることは可能だと思います。とくに、田舎では、自営の部分をクリアできれば、実現可能性は飛躍的に高まります。

自営自足をすすめる

田舎暮らしにおいて自営自足で生活することができれば、何かに依存しすぎる危うさがなくなり、地に足のついた生活ができて、全体的に豊かさがアップするのではないでしょうか。もちろん、向き、不向きはあるのですべての人にお勧めできるわけではありませんけど。高齢になっても自営などで活躍の場や役割があったり、自足に医食農同源を加味させられれば、健康長寿への道が開けるかもしれません。

ダルマを用意して、起業の成功を願う。

田舎で自営:危うさがない

勤め先からこれから先も給料をもらうかわからない時代です。田舎で自営で稼げれば鬼に金棒です。お金もあまりかからないので稼ぎもそれほど多くなくても大丈夫。しかも自営には定年もありません。

自然栽培でジャガイモの種芋を植える。

田舎で自足:地に足がついた生活

少し非常事態になれば、効率化された物流がすぐにストップ、お金があっても買えない状況も生まれます。お金で何でも買って済ませるような生活スタイル、そして大量生産の大量流通品とは少し距離を置きたいところです。

田舎で自営自足:豊かさがアップ

自営は攻めで、自足は守りです。貨幣経済の中にいるので、いくら自足で守りを堅めようがお金は必要です。でも守りが堅ければ、安心して攻められます。稼ぐことしかやらない、といった一面的な生活流儀ともおさらばです。田舎は自営自足には最適です。

田舎で自営自足の実際

群馬県南牧村は高齢化率日本一です。日本一の限界集落、消滅自治体と呼ばれています。この田舎の中の田舎において、未来が見える田舎暮らしとはどういうものがありえるのか? そのキーワードを「自営自足」ととらえています。田舎暮らしだけではなく、健康長寿にも効き目があると思っています。

新着記事

メヒシバおそるべし

2021/09/26   -自足カテゴリ: 雑草対策

メヒシバ、何か麗しいような響きもありますが、耕作1年目の畑はメヒシバが我がもの顔です。メヒシバは畑から取り除いたほうがいい代表格のような雑草です。それにしても、メヒシバのテリトリー拡大戦略おそるべしで …

シソ巻きをつくる

自ら栽培したシソで、シソ巻きをつくる

2021/09/19   -暮らしカテゴリ:

自分で育てたシソでシソ巻きです。花を咲かせる準備に入ってきたものもチラホラ出てきたので慌てて、シソ巻きづくりです。 シソ巻きをつくる シソの大きな葉を手に入れる シソは手のひらからシソのギザギザが少し …

『伝承農法を活かす家庭菜園の科学』

2021/08/29   -図書館カテゴリ: 自然農

本書の副題は「自然のしくみを利用した栽培術」です。古くから伝わる伝承農法ということで、農薬や化学肥料も使いません。畑の耕し方から土づくり、栽培、病害虫や雑草対策、コンパニオンプランツ、種採りまで、家庭 …

『有機農業ハンドブック』

2021/08/22   -図書館カテゴリ: 自然農

ハンドブックなので有機農業分野で必要な事項を簡潔に説明し、必要な時に必要な項目を確認できるようになっていますが、よくある無機的な客観的な記述ではなく、生産者が実際の経験にもとづいて書いているので読みや …

『小農はなぜ強いか』

2021/08/15   -図書館カテゴリ: 自給自足

著者の言う小農は、規模の大小に関係なく、「家族が中心になって行っている農業的な生活のすべて」を意味しています。そして、小農である農家こそ、人間の本来的な生産と生活の姿なのだから弱いはずはないと説きます …