エダマメ

もともとは大豆が完熟する前の若い状態で収穫して食べるものがエダマメでした。これならエダマメを栽培するのは大豆を栽培するのと同じことです。ただ、近年はエダマメ専用の品種が開発され流通しています。これらの品種は、収穫適期が短く、収穫後はすぐに食味が落ちてしまうようです。

エダマメを収穫する。

5月15日に「あおあじ枝豆」という固定種の種まきをしましが、害獣にすべて食べつくされました。7月12日、四辺をネットで囲んで害獣対策をしたのち、残っていた種を使って種まきをしました。それを少し収穫することができ所期の目的であるビールのつまみにできました。

エダマメの種まきをする。

エダマメの種まきをする。

昨日、5月15日にエダマメの種まきをしました。エダマメは、サツマイモのコンパニオンプランツとして、サツマイモの株間に栽培してみます。 エダマメの種まきをする。 昨年はプランター栽培 これまで土をいじっ …

自給自足研究会の支援事業 手仕事品の通信販売:なんもく健康長寿組合