虫嫌いでもできるムカデの捕まえ方。

公開日:2019年7月18日 更新日:

ムカデを捕まえる。火ばさみ(トング)を使う。

梅雨の季節になると、ヤツが出てきます。その動き方、ビジュアル的にも何回見ても恐ろしいです。捕獲しそこねたら、捕まえるまで気が気でありません。

室内にでたムカデの捕まえ方

私は、田舎育ちではあるのですが、虫が大の苦手です。なるべくなら見て見ぬふりをしたいのですが、「噛まれたことがあるが、とんでもなく痛かった!!」と知人に脅されると、そうもいきません。

室内で、一度見かけたら、必ず、捕獲できるようにしたいところです。そうでないと、夜も安心して眠れません(これがために、蚊帳で寝ている知り合いもいます)。

いろいろ試してみて、取り逃がし率が低い方法は、捕獲道具として、40~50cmの火ばさみ(トング)2本を使ったものです。

ムカデを見失わないようする

ムカデを発見、見失わないようにすることが大事。

発見者は見張り、周りに誰かいれば火ばさみを取ってきてもらうようにします。周りに誰もいない状況では、火ばさみはあちこちに置いておくことが肝要です。

ムカデの動きを止める

まず、火ばさみ1本でムカデの動きを止めます。これが、火ばさみ二刀流の肝です。火ばさみ一本で直接捕獲しようとすると、挟むのが案外難しいです。ムカデと床などの間に隙間がないからです。必死で逃げようとするムカデは思いのほか早く、取り逃がしてしまう可能性があります。

トングでムカデの動きをとめる。

なるべくなら、頭のほうを抑えつけると、動きも鈍くなります。尻尾のほうだと、頭で力強く大暴れ。

ムカデの尻尾を浮かせる

トング2本でムカデを挟む。

一本で抑えつけるメリットは、尻尾を浮かすことができることです。そこをうまく挟みます。

ムカデを挟む

トング2本でムカデを確実に捕捉する。

確実に挟むまで、抑えつけておく。

ムカデの捕獲成功

ムカデを捕まえるには、トングは40~50cmほどのものがいい。

火ばさみ(トング)は40~50cmほどのものがいい。短いと手とムカデまでの距離が近くて怖くなる。長すぎると小回りがききにくい。

ムカデの後始末

そのあとは、わが家では、家の外へもっていって、少し離れた場所へ放しています(夜の場合は、外に出るのが怖いので、窓から遠くに放り投げる)。

これまで、失敗したことはないですが、捕獲して火ばさみで挟んでの移動中、逃れるのが心配の人は、いったん容器や大きめのゴミ袋に入れてもいいでしょう。

近所に家が密集していれば外へは捨てにくいですが、そのあたりは状況に合わせてやってみてください。ムカデ退治と称して、熱湯をかけるとか、火あぶりにするとか、対策法を紹介しているサイトもありますが、そこまではする気が起きません。

あとは、物が乱雑に置かれていると、見失いやすくなってしまうので、日ごろから整理整頓を心がけましょう。というありきたりの教訓で終わります。

追記:計20匹近く捕獲

《2019年11月11日記》
今年はこの方法で20匹近くを捕まえ追い払いました。

-, ,

執筆者:有賀知道

関連記事

芋がらをつくる

2022/11/20   -暮らしカテゴリ: 保存食

生の青ずいきを味噌汁にして食べてみると・・

2022/10/16   -暮らしカテゴリ:

大豆をエダマメとしてつまみ食い

2022/09/19   -暮らしカテゴリ:

腱鞘炎になる

2022/09/12   -暮らしカテゴリ: 健康身体

キュウリのキュウちゃんを作る

2022/07/24   -暮らしカテゴリ:

自営自足の事業 ようき農園