田舎での自足

お金で何でも買って済ませるような生活スタイルは便利で効率的ですが危うさも含んでいます。お金をそれほどかけずに豊かな生活ができるのが田舎の良いところです。貨幣に過度に依存しないで、必要なものを、できるものから自給あるいは、人のつながりの中で調達する自足的な暮らしです。医食同源の上をいく医食農同源を実現しやすいのも田舎の良いところです。

またまた侵入されカボチャが全滅、結局、害獣防止ネットで四辺を囲む。

前回の追加のネットを設置した対策から10日ほど経ちました。生き残っていたカボチャが全滅、種まきして芽がでてきていたダイズもほとんどやられてしまいました。害獣防止ネットの対策も今回で終わりです。畑の4辺をすべて囲うことにしたからです。

サツマイモ、枯れずに復活してくる。

実は、サツマイモの苗は、買う時期を逸して、半額の売れ残りのようなものを購入しました。これで大丈夫かな、という不安がありました。その上、害獣にも少なくとも2回はやれられました。でも、復活してきています。想像以上にしぶといです。

改めて、畑の準備をする。

耕作放棄地から畑にするための春前の準備が横着すぎました。スコップを使ったりして根を断ち切っておいたのはいいとして、根っこなどはそのままその場に放置していました。根も再び活着してきたり、畑一面にコケが生えてしまっていました。

ダイズの種をまく。

昨日、6月28日にダイズの種まきをしました。もう少し早く10日ほど前に種まきしようと計画していましたが、害獣対策と土の手入れをしてからということで、この時期になりました。

ハクビシン対策で追加の害獣ネットを設置してみる。

実がなってから被害にあうのに比べれば、まだましかもしれないですが、それでも被害にあえば本当ガッカリです。6月4日に記事にした対策を講じて、しばらくは良かったのですが、出入り口のちょっとした隙間から侵入されたようです。

オクラが全滅する。

5月9日にオクラの種まきをしました。オクラらしさを少しも感じることもなく畑から姿を消してしまいました。 見る影もなく上部を害獣に食われる。 オクラ、全滅までの栽培経過を振り返る オクラの種はダビデの星 …

トウモロコシが全滅する。

5月9日にトウモロコシの種まきをしました。トウモロコシらしくなってきたと思っていたら、害獣によってすべて駆逐されてしまいました。 根こそぎとはまさにこのことか。 トウモロコシ、全滅までの栽培経過を振り …

網戸の張替えをDIYでする。

2020/06/25   -, ,

網戸の張替えは自分で簡単にDIYできるんだ、と知りさえすれば、できたも同然です。田舎に来て一番最初にやったDIYは網戸の張替えです。網戸は、ネットをゴムで外枠の溝にはめ込んでいるだけです。それを張替えるのに特に用意するものは3つだけです。

自営自足研究会の支援事業 手仕事品の通信販売:なんもく健康長寿組合