赤しそジュース

公開日:2020年6月30日 更新日:

田舎のおすそ分けならではで新鮮な赤しそをいただきました。これは母ちゃんの田舎料理レシピを使って、赤しそジュースにするしかありません。さっぱりとした赤しそジュースが合う季節になってきました。

赤しそジュース:母ちゃんの田舎料理レシピ
赤しそジュース

赤しそジュースの材料

母ちゃんの田舎料理レシピ:赤しそジュース。

母ちゃんの田舎料理レシピ:赤しそジュース。

酢を使うパターンと、クエン酸を使うパターンが書いてあります。

酢(赤しそジュース)

  • 水 1.8l
  • 赤しそ 120g~130g 多くてもよい
  • 酢 3合
  • 砂糖 800g~1K(甘口)

クエン酸(赤しそジュース)

  • 水 1.8l(1升)
  • 赤しそ 150g 
  • クエン酸 15g
  • 砂糖 400g~500g(甘口)

赤しそジュースの作り方

レシピには簡単ですが手順も書いてあります。

  1. 1.8lの水(沸湯)で赤じそを5分位煮る。
  2. しそを上げてその汁の中に酢・砂糖を入れて煮立てる。
  3. それをこして器に入れる。

複雑な作り方ではないでしょうが、細かいところがよくわかりません。父親に聞き取りしなどして、次のようにまとめました。

  1. 茎を取って葉だけにして、よく水洗いする。
  2. ざるにあげて水をよくきる。
  3. 鍋で1.8lの水を沸騰させて、赤じそを入れて5分位煮る。
  4. しそをざるに上げて、木べらで絞る。絞った汁は鍋にもどす。
  5. 鍋の中に砂糖、次いで酢を入れて煮立てる。
  6. それをこして器に入れる。

今回は、酢のパターンで作ってみました。しそは370gぐらいありましたが、茎を取り除いたら200gぐらいになっていました。これを全部使います。砂糖は三温糖、酢は米酢を使いました。

赤しその葉をよくきれいに洗う:赤しそジュースの田舎料理でスローフード

買ってきたもののようにきれいに洗浄されていないので、茎を取り除いた葉を、よく水洗いする。

赤しそをざるにあげて水をきる:赤しそジュースの田舎料理でスローフード

ざるにあげて水をきる。200gでもけっこう嵩ばる量になる。

赤しそを5分ほど煮る:赤しそジュースの田舎料理でスローフード

しその量が多かったので、2lのお湯の量にした。5分ほど煮る。

赤しそを鍋から出して汁を絞る:赤しそジュースの田舎料理でスローフード

しそを残さずきれいに引き上げる。引き上げたしそは木べらで絞る。下にボールを置いて汁を受ける。汁は鍋に戻す。

鍋に砂糖と酢を入れる:赤しそジュースの田舎料理でスローフード

砂糖、酢を入れて煮立てる。今回、砂糖は三温糖、酢は米酢を使った。

冷めたら容器に入れて冷蔵庫へ:赤しそジュースの田舎料理でスローフード

冷めたら容器に入れる。しそをよく水洗いし、鍋からしそを残さずきれいに引き上げれば、こす必要もなさそう。冷蔵庫で冷やす。

濃縮なので3倍ほどに薄める:赤しそジュースの田舎料理でスローフード

濃縮なので、3倍ぐらいに薄めて丁度いい感じ。

酢を米酢にして煮立ててもいるので、酢のツンとした感じはそれほど感じません。クエン酸ならもっとクセがなくなるでしょうし、リンゴ酢を使えばまた面白いかもしれません。

田舎では、この季節になると赤しそジュースをつくって冷蔵庫に入れておいて、人が来ると出してくれる家がけっこうあります。

-,

執筆者:有賀知道

関連記事

自営自足研究会の支援事業 手仕事品の通信販売:なんもく健康長寿組合