『小林カツ代のお料理入門』

公開日:2019年10月13日 更新日:

『小林カツ代のお料理入門』(小林カツ代・著、文春新書、2015年)。

『小林カツ代のお料理入門』(小林カツ代・著、文春新書、2015年)。まずは、自分用に好きなものを料理することから始めてみよう。

料理ができないと困る

田舎暮らしでは、周りの人から野菜などのいただきものがたくさんあります。それをどう料理するかは、かなり大事なことです。旬な素材が大量にあるわけで、いろいろな料理法を知っておいたり、工夫できないと、同じ料理ばかりになってしまいますし、最後には無駄にしてしまうかもしれません。

とともに、田舎にはそもそも近くにスーパーやコンビニがありません。都会生活のように、かんたんに総菜を買ってきて済ませるわけにもいきません。

料理をすることは、田舎暮らしを充実させるための大事なポイントです。田舎暮らしをする前に、何を準備をすればいいのかとなれば、料理をするようになることは上位にランクインされるでしょう。

中高年男性も例外ではない

もっともこうした力は、田舎にいようがいまいが、老若男女問わず、これからの時代ますます求められるかもしれません。人にあまり頼らないで、自分の面倒ぐらいは自分でみろ、と。たとえば、家族のためと、会社一筋に生きてきた男性も例外にはしてもらえないかも。

会社一筋の男性が退職して会社との縁が切れたとたん、社会から孤立し、結果、妻に一日中まとわりつく、そうすると、妻は、めまいや頭痛を訴える、こういう現象が「夫源病」と呼ばれます。名付け親は、男性の更年期外来が専門の医師・石蔵文信さんです。

石原さんは、男性がせめて昼ご飯だけでも作れたら、妻の負担が減るのではないかと考え、中高年の男性向けの料理教室を始めたら、盛況だそうです。たしかに中高年男性向けの料理教室は需要がありそう。

それはさておき、料理をやらされてやるより、自ら進んでやっていきたいところ。それのほうが苦痛がないですし工夫も生まれます。まぁ、そんなことをいう必要もなく、料理して、うまいものにありつければ、黙っていてもやる気ががぜんでてきますが。

料理教室に通うのも手でしょう。クックパッドやTVの料理番組、ユーチューブを見て勉強、人に教えてもらうのもあり、方法はいろいろ、人それぞれです。私は、もっぱら本を読みます。ただのレシピ本というよりは、著者の考え方がわかり、料理の背景や解説豊富なものが好みです。

ともあれ、どういう方法であれ、頭でわかっただけでは役にたたず、実践してみないことには、身につきません。

まずは、自分用に作ってみる

本書は、ある程度料理を知っている人向けの『実践 料理のへそ!』(文春新書)という本がもとになっています。それを初心者にもわかりやすいように再構成しています。扱っているのは、家族のための料理というよりも、自分のための料理です。

なので、簡単にできるものがほとんどです。料理と呼べるかわかりませんが、オーブントースターで焼く酒の肴として取り上げていて、これ以上のものはないと評する油揚げについては、こんな感じです。

バリバリに焼いてサッと醬油をかけて、めんどうなら七味唐辛子、余力があるなら、生姜を皮のままおろして、生姜醤油。家で一人でちょっと飲もうかな、というときなぞ、口元がほころびっぱなしになりますよ。一人だからこそ、この焼きたてバリバリに齧(かじ)りつけるんですから。ご飯のおかずにも、もちろんいい。うどんに入れてもいいですしね。
厚揚げも同様です。大きいまんま焼いて。大根おろしとおろし生姜と醬油。永遠に旨し。

本書で取り上げているもので、一番手間のかかりそうなものでも、ハンバーグぐらいまでです。一番お金のかかりそうなもので、ビーフステーキやイクラ丼です。

私が参考にしているのは、厚揚げのほか、ポテトサラダやショートカット焼き茄子、オムライス、豚キムチ、チキンソテー、ヒラヒラカレーなんていうようなものです。

これまで料理をまったくしたことがない人の、料理入門書として、非常に入りやすいものと思います。

著者には、主に男性に向けて、自分の食べるものは自分でまかなうこと、というコンセプトの『自給自足』(日本経済新聞社、1996年)という本もあります。これも初心者向けです。

両書とも、誰もが料理を作れるようになってほしい、という著者の思いをベースに工夫を凝らした内容で料理初心者を励ましてくれます。

-

執筆者:有賀知道

関連記事

『堆肥の作り方・使い方』

2022/02/06   -図書館カテゴリ: 農業

『土と堆肥と有機物』

2022/01/30   -図書館カテゴリ: 家庭菜園

『伝承農法を活かす家庭菜園の科学』

2021/08/29   -図書館カテゴリ: 家庭菜園

『有機農業ハンドブック』

2021/08/22   -図書館カテゴリ: 農業

『小農はなぜ強いか』

2021/08/15   -図書館カテゴリ: 農業

自営自足研究会の支援事業 手仕事品の通信販売:なんもく健康長寿組合