トウモロコシの種まきをする。

公開日:2020年5月10日 更新日:

昨日、5月9日にトウモロコシの種まきをしました。 トウモロコシはイネ科です。イネ科のものはしっかりと根を伸ばし、畑の状態をよくします。上手に畑に取り入れたい作物です。

トウモロコシの種まきをする。
トウモロコシの種まきをする。

カボチャと同じ畝にする

広くない家庭菜園です。そのスペースで多品目を育てようとすれば混植することになります。家庭菜園は、単一作物を効率的に栽培して販売するということではないので、メリットのほうが大きそうです。

もちろん混植は何でもいいというわけではありません。一緒になったほうが良く育つもの同士のコンパニオンプランツ(共栄植物)にします。持ちつ持たれつで、お互いの生育を促進するだけでなく、病害虫を減らしたり、野菜の味を良くしたりする効果もあります。

トウモロコシが主食のネイティブアメリカンの間には、トウモロコシ、カボチャ、インゲンの三姉妹の物語が伝わると言います。主食のトウモロコシ姉さんに、走りまわる次女のカボチャ、おんぶされる末っ子のインゲンというイメージです。

こんな話になるほど、相性がいいということでしょう。わが家庭菜園もトウモロコシが育ってきたら、株元にインゲンを植えて3姉妹にしていく予定です。

種を購入する

カボチャを買ったのと同じところ、自然農法国際研究開発センターから種は購入しました。まずは王道のスイートコーンでいきます。「モチットコーン」という固定種を購入しました。

「ハニ-バンダムから選抜育成した固定種。熟期は約95日でややバラツキあり。程良い甘さとモチッとした食感が特徴。」です。

モチットコーン、約30粒、500円。

モチットコーン、約30粒、500円。

ちなみに、「固定種」とは形質が固定され、自家採種した種を蒔くと、親と同じ子が生まれる「品種」のことです。野口のタネ(野口種苗研究所)の野口さんが埼玉県の農業高校の先生を相手にした「固定種について」の講演の中で次のように述べています(抜粋)。

固定種というのは、「固定された形質が親から子へ受け継がれる種」のことで、種苗業界の用語です。種苗業界では、複数の親から異なる形質を受け継いで、第一代目の子だけがその中で優性の均一形質を現す「交配種=F1」に対して使われ、親が単一であるために、単に「単種」と言われることもあります。

F1誕生以前の植物種子は、すべて固定種として育成されてきました。そのため、すべての在来種の種子は固定種であると言ってもいいわけですが、たとえ伝統野菜とか地方野菜と言われる分野の野菜でも、形質が一定していない(固定されていない)野菜は、単なる「雑種」で、固定種と呼ばれることはなく、プロの種屋の販売対象ではありませんでした。種屋にとって、F1が生まれる以前は、本物の固定種だけが販売価値がある種子だったのです。

今日、いちばん皆さんに言いたいことは、「固定種の野菜を栽培して、どうか自分で種を採っていただきたい。」ということです。
固定種の良い点は、自家採種できるという一点です。自家採種を三年も続けていれば、その土地に合った野菜に変わっていきます。

種まきをする

種まきをする場所はカボチャと同じ畝です。畝幅は2mぐらいです。縦は4mほど。その東の畝間側に2列で、条間60cm、株間30cmで種まきをします。一か所3粒ずつの点蒔きです。

1列にしないで、数列(今回は2列)にしたのは、密生させたほうが受粉しやすくなるからです。といのも、トウモロコシは、他の株の花粉のほうが受粉しやすい他家受粉です(逆に自らの花粉で受粉するのが自家受粉です)。他の株の花粉が風で飛んできて受粉しやすくなるというわけです。

どのあたりに種蒔きをするのかわかるように、2列の中央に引いた麻縄に印をつけておく。

種蒔きをするとろの草を刈って、土を露出させる。直径30センチほど。

種蒔きをするとろの草を刈って、土を露出させる。直径30センチほど。

一カ所3粒、種と種の間3~5cmほどにして、深さ1cm~2cm に指で穴をつくって埋める。

一カ所3粒、種と種の間3~5cmほどにして、深さ1cm~2cm に指で穴をつくって埋める。

植え付けた後は、土をもどし、土と種が密着するように、手で押さえつけておく。

植え付けた後は、土をもどし、土と種が密着するように、手で押さえつけておく。

草を上から覆っておく。トウモロコシの種まき。

草を上から覆っておく。

麻縄3本の中央縄の左側は畝間、右側の麻縄の左右にトウモロコシの種をまく。ちなみにカボチャの種まき場所は、写真右側のさらに先。

うまくいけば、8日ほどで発芽です。草丈が15~20cmで間引きして1本にします。

トウモロコシは、常温では収穫して5~6時間で糖分がデンプンに変わり、甘みが減り始め、24時間で半減すると言われています。朝獲りで午前中のうちにゆでて食べられると、今のうちから夢見られるのも自分で栽培するからこそです。

-, ,

執筆者:有賀知道

関連記事

シソの葉を大きくするには

2022/09/05   -自足カテゴリ: 自足農野菜

小麦の栽培とマルチ

2022/07/03   -自足カテゴリ: 穀物

ウリハムシモドキにシソを食害される

2022/06/26   -自足カテゴリ: 病害虫対策

栽培記録もつけて単品管理する

2022/06/19   -自足カテゴリ: 準備と管理

チェーンソーで木を伐採する

2021/12/27   -自足カテゴリ: 準備と管理

自営自足の事業 ようき農園